管理人の気ままなblog。


by kt1151
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

潮波

自他の生命を失う現実を受け入れるのには個体差がある。

NHKで突然の津波警報を報道されてましたが
キャスターが地元の役場の方に電話で話を伺うシーンは実に不思議でした。
ある役場の人は、キャスターの話を聞く余裕がないようで巨大な津波に襲われる事を想像するかのように、慌てながら住民に警報発令による避難勧告を同報無線で随時伝えていると話せば、
ある役場の人は、まるで津波など大した事ない、津波などないだろうと(想像してする)いう口調で、キャスターが呆気に取られる中、避難勧告でなく自主的避難の呼びかけをしたと落ち着き払って話をしていたのだから。

人は生命について一番関心高いようで一番関心低く、一番関心低いようで一番関心高い動物だ。
そんな一端なんでしょうか?なる程。勉強になります。

外の暗闇に包まれた波に襲われないよう、命は大切に。
朝が来た時、みんなで気持ちいい朝日見たいので。
[PR]
by kt1151 | 2006-11-15 22:52 | 日記